目黒区での葬儀・家族葬について

家族葬のデメリット

家族葬のデメリットの写真

家族葬のデメリットとしては、葬儀後に自宅にやってくる大勢の弔問客への対応に疲れてしまうことが挙げられます。また、参列者が少ないので、香典の数も少なくなり、必ずしも出費が少ないとは言えません。

招待される側の線引きが難しいため、「自分は招待されなかった」と不満に思う人がいて、それがトラブルに発展することもあります。それは、葬儀に参列できなかった友人や知人が、お別れに満足していない可能性があることです。トラブルを防ぐためには、葬儀の前に故人の知人に連絡を取りましょう。事前に連絡しておくことで、トラブルに発展する可能性が低くなります。

家族葬のことを知らなかった人が、後日お礼参りに来ることもあります。突然の弔問客に対応しなければならないこともありますし、想定していなかった香典や供物の返礼品を用意しなければならないこともあります。

また、親族のみで葬儀を行う場合は、故人とのお別れに立ち会えない人も増えてしまいます。これらの理由から、一般葬に比べて、葬儀後に自宅にお礼参りに訪れる人が多くなることがあります。

家族葬の場合は、親族間のトラブルにも注意が必要です。葬儀に対する考え方は人それぞれなので、家族葬にするか一般葬にするかで親戚や家族の間で意見が分かれることがあります。葬儀に関する故人の意思を事前に確認し、合意形成をしておくことで、家族葬を選択したことによる親族間のトラブルは解消される傾向にあります。

葬儀の準備段階で冷静な判断ができなかったために、葬儀が終わった後に思わぬ金額を請求されることも少なくありません。喪主だけでなく、複数人で葬儀社と打ち合わせをすることで、費用の内訳を聞き忘れたり、詳細を確認しなかったりする可能性をなくすことができます。できれば、事前にしっかりと無料相談をした上で、正式で詳細な見積もりを出してもらうのが良いでしょう。