目黒区での葬儀・家族葬について

家族葬の費用相場

家族葬の費用相場の写真

家族葬の料金体系は、基本的に一般的な葬儀と同じです。葬儀の費用は、地域や参列者の数、葬儀の場所、宗教や宗派、遺族の事情などによって異なります。そのため、一概に「家族葬は安い」とは言えないのです。

一般的な葬儀に比べて、料理や引き出物の質や数が減るため、費用は安くなる傾向にあります。しかし、参列者が少ない分、香典の量も減るため、結果的には一般葬とあまり変わらないケースも少なくありません。とはいえ、家族葬の場合は参列者が限られているため、一般葬よりも費用が安くなります。

一般葬の費用は全国的に200万円前後ですが、家族葬の費用は100万円前後と言われています。しかし、葬儀の規模や参列者の数、料理や返礼品の質などによっては、150万円前後になることもあるようです。その理由のひとつは、家族葬は誰も呼ばないお葬式なので、葬儀ホールの使用料や祭壇が小さくて済むことです。また、接待や返礼品の費用も抑えられますが、一般葬と同様にお布施が必要となります。

葬儀一式の費用には、ご遺体の搬送、通夜・告別式、火葬に必要な物品、人件費などが含まれています。料理・贈答品代は、参列者に振る舞われる料理や飲み物の費用と人件費で、参列者が多いほど費用は高くなります。

家族葬は参列者が限られているため、一般葬に比べて安いと言われていますが、参列者が少なく、香典の量も少なくなるため、総費用が大きく感じられることがあります。

祭壇や棺、霊柩車などの一般的な費用の内訳に変更はありません。しかし、参列者の人数が多い一般葬では、会場を広くしたり、飲食物を増やしたり、引き出物を増やしたりする必要があります。そのため、一般葬の総費用は家族葬に比べて高くなる傾向があります。

親族や参列者の人数が少ない式の場合は、料理などの費用を抑えることができます。その一方で、参列者が持参する香典の数も少なくて済みます。香典は葬儀費用に充てることができるので、参列者の数が多少増えても、喪主が支払うべき金額は増えないかもしれません。本当に費用を減らせるかどうかは慎重に判断しましょう。