目黒区での葬儀・家族葬について

家族葬のメリット

家族葬のメリットの写真

家族葬は、会社の人や近所の人を呼ばず、近親者だけで故人の人生の最後の時間をゆっくりと過ごすことができます。

また、葬儀の規模が小さいため、通夜・告別式の飲食代や返礼品などの費用を抑えることができます。

一般的な葬儀と違い、参列者の多さに気を配る必要がありません。お世話になった方だけで行うお葬式なので、ご遺族の負担を軽くすることができます。ご家族との時間を大切にすることで、思い出話をしたり、故人とのお別れに向き合うことができます。参列者への対応はほとんど必要ないため、故人と関係の深い人だけでゆっくりとお別れの時間を過ごすことができます。故人の死に対する気持ちの整理がつかない場合や、今すぐに家族以外の人に相談することが難しい場合は、家族葬を選択するとよいでしょう。

また、世間体を気にすることなく、自由な内容でお葬式を行うこともできます。例えば、故人が趣味で作ったものを飾る人もいます。

家族葬であれば、接待する人も少なくなります。そのため、葬儀社に依頼するのではなく、好きなお店で食事をしたり、引き出物を用意しないという選択をする人も少なくありません。参列者の数が少なければ少ないほど、ご遺族は柔軟に判断することができます。

参列者の数が少ないほど費用も安くなるため、小規模な家族葬であれば一般葬よりも費用を抑えることができます。家族葬は参列者が少ないので、飲食代や返礼品の費用が少なくて済む傾向にあり、葬儀場の規模が小さいので、施設利用料も安くなります。

遺族は、故人の生前にお世話になった参列者一人一人に丁寧にお礼を言うことができます。何よりも、気心の知れた人たちが集まって故人を見送ることは、故人を含めた参列者全員にとって貴重な時間となるでしょう。