目黒区での葬儀・家族葬について

葬儀の中でも最もポピュラーな家族葬とは?

葬儀の中でも最もポピュラーな家族葬とは?の写真

家族葬の明確な定義はありません。家族や親戚、ごく親しい友人などで行う小規模なお葬式を指すことが多いようです。参列者の数を減らし、近親者のみで行うお葬式のことです。ただし、何人までという決まりはなく、故人と関係のあった友人や知人を招待することもあります。

家族葬という言葉から、家族しか参列できないと思われがちですが、故人と生前親しかった友人を招待することもできます。ただし、生前に故人と親しかった友人を招待することも可能です。家族葬は規模が小さい分、参列者へのおもてなしに気を取られることなく、故人とのお別れの時間をじっくりと過ごすことができます。

生前、故人と深く関わっていた人たちと、充実した時間を過ごすことができます。家族葬の参列者数は、数名から20名前後と幅広く、一般的な葬儀と同様に僧侶を招くことが多いです。

家族葬を行う家族の数は年々増加しています。首都圏では家族葬が主流になっていることがわかります。家族葬の増加に伴い、失礼のないように葬儀への参列を断ったり、葬儀を断ったりすることがスタンダードになってきました。

また、葬儀客をもてなす手間がなく、ゆっくりと故人を偲ぶことができるため、家族葬を選択する人が増えています。従来の葬儀と違い、家族葬の詳細は意外と知られていない。

家族葬が始まったのは約20年前と言われていますが、その割合は年々増加しています。家族葬は、最初は首都圏で見られましたが、最近では地方都市や全国各地で行われるようになってきました。その背景には、平均寿命の伸長による参列者の高齢化があります。故人の年齢や喪主の年齢も高くなっており、故人と関係のあった人が参列できないこともあります。また、職場を退職された方は、職場とのつながりが希薄になります。親戚や近所の人との関係も以前より希薄になり、葬儀の簡素化につながっています。

葬儀は親族や親しい友人だけで行うため、他人の目を気にする必要がありません。そのため、伝統的な慣習に則って行われる一般的な葬儀とは異なり、自由度が高いのが特徴です。故人をどのように見送るかを自由に決めることができますし、葬儀の形式的な手続きを省くこともできます。形式にとらわれることなく、リラックスしてお葬式を楽しむことができます。

家族葬では、通夜・葬儀ともに親族が主な参列者となります。多くの地域では、通夜には仕事関係者や友人など、親族以外の人が参列することが多いようです。また、お葬式は親族など、故人と本当に密接な関係にある人たちが集まるものだと理解している人もいるでしょう。

家族葬の特徴は、少人数で行うため、ゆっくりと故人とのお別れをすることができ、家族の意向が反映されやすいことです。

少人数でのお葬式なので、家族葬の方が総費用が安いと思われる方も多いようです。

家族葬と密葬には違いがあります。その違いとは、お葬式とは別に本葬やお別れ会を行うかどうかです。家族葬はごく一般的なお葬式ですが、密葬は本葬とお別れ会を別々の日に行います。個人葬は、大規模になるであろう葬儀の前に近親者だけで行われるケースが多いです。